誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

私が、ラグビーの世界に入り込んだ理由

ノンカテゴリ

私が、ラグビーの世界に入り込んだ理由
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

私が、「ラグビー」の世界に入り込むのには、いろいろ紆余曲折がありました。

小学生の頃は、「ソフトボール」をたんぼでやってました。よく、お百姓さんに怒られました。

中学生になる時に、友人3人と、何部に入部するか、散々話し合いました。

野球部は、丸坊主にしなければいけなくて、断念!

そこで、出した結論は、「バトミントン」部でした。

練習に参加すると、周りは、みんな女の子ばかり!

男は、私達3人だけでした。居心地が悪く、約1ヶ月後に、退部。

次に挑戦したのは、「軟式テニス」でした。

そこは、男子部と女子部に分かれていて、まあまあ活躍しました。

その流れで、高校も「軟式テニス」部に入部しました。

そこでも、まあまあ活躍しました。

高校3年生のある時に、体育の先生から、こう言われました。

「おまえ!ラケット似合ってないぞ!」って。

「大学に入ったら、ラグビーせえ!」と。

ラグビーは観るのは好きでしたが、実際、自分がプレイすることなんか、

頭の中には、全然無かったです。

なんせ、「3K(きつい、汚い、危険)スポーツ」の代表でしたから!

大学入学後、何部にしようか、迷っていました。実は、私の兄も、同じ大学で、

「弓道」をやっていました。兄からも、散々誘われたのですが、自分には、

向いてないと判断。

そんな時、高校の体育の先生に言われた言葉を思い出しました。

「よしっ、ラグビーやるぞ!」

ラグビー入部後、厳しい練習についていけず、2年生まで、補欠でした。

また、タックルするのが怖くて、使い物にならない存在でした。



3年生の時に、初めて、試合に出場した時に、転機が訪れました。

キックオフのボールが、運悪く?私のところへ。

仕方なく、ボールをキャッチして、相手に思い切り当たると、

相手が、吹っ飛び、「病院送り」させてしまいました。

周りの先輩からも、「おまえ、いい当たりやったぞ」と褒められ、

ちょっぴり、自信がつきました。

その後は、もうどっぷり「ラグビー」の世界にはまり込み、現在に至っています。

よく、「ラグビー」について、こう言われています。

「一旦、「ラグビー」の世界に入り込んだら、一生、その世界から逃れられない」って。

確かに、今、その言葉を実感しています。

大学卒業後、35年が経過していますが、帰省して会うのは、

「ラグビー仲間」ばかりでした。

「生涯の友人」を得られた私は、幸せ者です。

それは、厳しい練習を共にし、耐え忍んできたからこそだと思います。

同じ釜の飯を食った仲間です!

私の夢は、地域の少年ラグビースクールの指導と、

母校のラグビー部の監督になることです!

この夢は必ず叶えます!

オールブラックスの最新スーパープレー集

少年ラグビースクール練習風景





キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう