稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

神がかった、クレージーなパス!ラグビー編

ノンカテゴリ

神がかった、クレージーなパス!ラグビー編
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

ラグビーでは、前方にパスをしてはいけません。スローフォワードという反則になります。後方にパスをしながら、前進を図るのが、ラグビーの面白いところです。スローフォワードは軽い反則なので、反則を犯したチームの相手側ボールでのスクラムで、ゲームは再開されます。

今回は、そのパスに焦点を当ててみました。

前方へパスする唯一の方法が、実は、あるのです。
それは、「キックパス」と呼ばれているものです。
具体的に、説明しますと、こうなります。
ボールを持ったプレイヤーが、前方にキックをして、そのボールを、
ボールを蹴ったプレイヤーの後方から、思い切り走り込んで、追い抜いて、そのボールを受け取るというものです。このプレイはなかなか、上手く、成功しませんが、
もし、成功した時は、「ビッグプレイ」にとして、賞賛されます。
まさに、神がかった「パス」と言っても過言ではありません。

もうひとつ、神がかった「パス」と言えば、「オフロードパス」と呼ばれるパスがあります。タックルは、ボールを持ったプレイヤーにしか、タックル(相手を倒す動作)にいけません。タックルを受けたプレイヤーは、地面に倒れたら、速やかに、ボールを話さなければいけません。倒れた選手が、ボールを離さなかった時は、「ノットリリースザボール」という反則になります。この反則は、重い反則になりますので、相手側は、ペナルティキックを狙うことが出来ます。H型ポールの間を狙って、3点を狙いに行きます。

「オフロードパス」と言うパスは、タックルを受けたプレイヤーが、地面に接地する直前に、後方の味方のプレイヤーにパスすることを指します。これも、「ビッグプレイ」と呼ばれてもおかしくありません。

「パス」ひとつ、とっても、「ラグビー」には、観客を沸かせるプレイがたくさん、あります。それでは、動画をじっくり、鑑賞してみてください。

芸術的かつクレイジーなラグビーの神パス!






Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!